« これが本当の親友なのか! | トップページ | 次回「文ちゃんと語る会」のお知らせ »

2021年2月20日 (土)

世間は少年愛の人たちを病人と!

1997年『薔薇族』10月号・No.297に最後まで少年愛の人たちのために、原稿やイラストを書き続けてくれた稲垣征次君が「少年愛中学教師・強制わいせつ裁判傍聴・被告の全人生を断罪するなんて」と題して、一文を寄せてくれている。長い文章なので割愛せざるをえないが。

 

「今年5月、埼玉の中学教師が教え子の男子生徒に強制わいせつを働いたという容疑で逮捕され、写真誌やワイドショーで派手に取り上げられて懲戒免職になった事件があった。

 

公判で青白くやせ細った中年の被告の涙ながらの反省の言葉。その老いた母親の痛々しいすすり泣きの情景が、今もやりきれなくよみがえる。

 

全面的に自分の罪を認めた被告と、その弁護人の明らかに執行猶予を念頭においたと思われる尋問は、ただただ被告の否定的人生観を跡づけてゆくだけで、その点はなんら検事の追求と異なるところはなく、たんたんと進行し1時間余りで公判終了となった。

 

私は裁判を傍聴したのは初めてだった。私の興味は私と同好の士が法律にふれて裁かれるとき、少年愛というものがどういうふうに判断されるのかという問題が主であった。

 

ところが少年愛のなんたるかや、その是非を問う場面は何もなく、ただ大前提としてのある雰囲気、つまり暗黙の了解の下に言葉がやりとりされていた。それは未成年への性行為は許しがたく汚らわしい。そこには愛情など存在するはずがなく、罪を用意しなければならないという多数者側の一方通行的倫理観なのである。

 

もちろん私は絶対的少数者として予想はしていたものの、やはり空虚でみじめな気持ちなった。

 

私は50年あまり生きているのだから、損して得とれぐらいのことはわかるのだが、被告の全人生を否定的にとらえて弁護人といえるのだろうか。被告にとって少年への愛は人生の根幹であるはずだ。彼の性のすべてであるはずだ。あまりにも人間としての同情心に欠けてはいまいか。(中略)

 

私の友人が判決の内容を知らせてくれたのだが、実刑1年6ヶ月。その理由として、①計画性、②常習生(23年間に及ぶ)、③教師と生徒という力関係を利用した、④ビデオに行為を撮りそれを投稿して他人に見せた、以上の行為は大変悪質で執行猶予に値しないとのことであった。(中略)

 

被告はすでに多大の社会的制裁を受けている。マスコミにたたかれ、地元の人たちの好奇の目にさらされ職も失った。46歳の独身男が、71歳の老母とふたりで、これから生きていかねばならないというのに……。

 

その少年の心を傷つけはしたが、彼のかかわったすべての少年がいやがったわけではなかろう。それは証明されていないのだ。そんな審理などされていないのだ。犯した罪にくらべて罰が大きすぎやしないだろうか? 被害妄想ととられるかもしれないが、みせしめとして必要以上にきびしくしたのではないかという気がしてならない。(中略)

 

「あなたは息子の犯した行為について、被害者宅へ謝罪にゆきましたか」

 

母親が絶句していると、「なぜ行かなかったのですか」と言ったのである。被告は46歳である。成人して26年もたっているのだ。検事の社会常識ってこんなものなのか。

 

少年を好きな私たちに対して、この社会の法と番人は、明らかに私たちを病人の類と見ている。

 

少年の意志を尊重しない限り、愛は成立せず、失うものは大きいことを……。私たちの味方は大変に少ないのである。」

 

この話は24年前のことだが、世間の人の少年ア愛に対する見方は今も少しも変わっていない。むしろきびしくなっているのでは……。

|

« これが本当の親友なのか! | トップページ | 次回「文ちゃんと語る会」のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これが本当の親友なのか! | トップページ | 次回「文ちゃんと語る会」のお知らせ »