2018年8月31日 (金)

次回「文ちゃんと語る会」のお知らせ

次回「文ちゃんと語る会」は9月29日(土)開催
 
日時・9月29日(土) 11時~13時
場所・下北沢南口から4分、カフエ「織部」
住所・〒155−0031 世田谷区北沢2—2—3
電話・03—5432—9068
会費・コーヒー代のみ
 
木下直之(きのした・なおゆき)さん――東京大学大学院教授、静岡県立美術館館長、著書に『股間若衆』『せいきの大問題・新股間若衆』(共に新潮社)2015年春、紫綬褒章受賞――が、29日の『文ちゃんと語る会』に参加してくれます。
 
この機会にぜひ、ご参加を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月22日 (水)

伊藤文學コレクション「ネット蚤の市」開催中!

現在、ヤフオクにて、下記の伊藤文學コレクションを出品中です。
掘り出し物多数。

この機会をぜひ、お見逃しなく!



①内藤ルネ『薔薇族』カット原画

サインはないけれど、ルネさんの作品だ!

内藤ルネさんと本間真夫(ペンネーム・藤田竜)さんは、40年近くも同じ屋根の下に住み、一緒にグッズを製作し、イラストを描いていた。

マンションを何度も訪ねたが、本間さんはルネさんをぼくに紹介してくれず、4年目ぐらいに初めて紹介してくれた。

そして「佐原サム」というペンネームで、イラストを描き出してくれた。

この作品はその頃のもの。

サインがないが、ルネさんは当時ペンネームが気に入っていなかったのか、サインをしない作品が多かったのだ。

しかし編集長のぼくがルネさんの作品だというのだから、間違いはない。

 

20180818_111534_52

(タテ22.5センチ×ヨコ19.5センチ)

ヤフオク商品紹介ページ


②甲秀樹・作『薔薇族』ノベルティ人形

キーホルダー人形「薔薇男君」最後のひとつ!

20
年近くも前に、1コ、1コ、丹念に手作りで造られたキーホルダー人形。

男絵師、人形製作者として海外まで名前を知られている天才、甲秀樹さんの作品だ。

20
コほどしか造られていない。

もうこれが最後の「薔薇男君」だ。

お求めいただいた方には、きっと幸運が舞い込むに違いない。
 

Barao01
 
ヤフオク商品紹介ページ



③内藤ルネ表紙『薔薇族』最後の最後、蔵出し

前回「これで最後」と出品した内藤ルネ表紙の『薔薇族』。

が、新たに12冊が出てきたので、改めて出品。

これが本当の最終在庫。

20180818_111534_36


薔薇族 1985年 7月号 No.150 売り切れ

薔薇族 1988年 7月号 No.186 売り切れ
 
薔薇族 1991年 1月号 No.216

薔薇族 1991年 2月号 No.217

薔薇族 1991年 8月号 No.223

薔薇族 1993年 7月号 No.246

薔薇族 1993年 10月号 No.249

薔薇族 1993年 12月号 No.251

薔薇族 1994年 4月号 No.255

薔薇族 1994年 6月号 No.257

薔薇族 1994年 11月号 No.262
 
 
 
④フランス アンティークのクロモカード

それぞれお気に入りの額に入れて!

百貨店「ボンマルシェ」は、商品と共にお客さまに「夢」も売っていた。

かつてはパリでも洋服屋さん、靴屋さん、帽子屋さんと、それぞれが店をかまえていた。

それを大きなひとつの建造物の中に、いろんなお店を入れて、百貨店を開業させた。

パリにエッフェル塔が完成した頃のことで、世界で初だった。

ボンマルシェは当時の有名な画家に、かわいい絵を描かせ、裏面に広告を入れて、お客様にカードをサービスとしてくばり、「夢」も売っていた。
 
それがこのかわいいカードだ。
 
原画も数点持っていたが、今はない。
 
かわいがって観ていただければ幸いだ。
 
(額装用のボードに貼り付け。ボンマルシェのものではないカード含みますが、いずれも同時代のものです)

20180818_111534_75

アンティーク クロモス クロモカード①
 
アンティーク クロモス クロモカード② 
 
アンティーク クロモス クロモカード③
 
アンティーク クロモス クロモカード④
 
アンティーク クロモス クロモカード⑤
 
アンティーク クロモス クロモカード⑥
 
アンティーク クロモス クロモカード⑦
 
アンティーク クロモス クロモカード⑧
 
アンティーク クロモス クロモカード⑨
 
アンティーク クロモス クロモカード⑩
 
アンティーク クロモス クロモカード⑪
 
アンティーク クロモス クロモカード⑫
 
アンティーク クロモス クロモカード⑬
 
アンティーク クロモス クロモカード⑭
 
アンティーク クロモス クロモカード⑮
 
アンティーク クロモス クロモカード⑯
 
アンティーク クロモス クロモカード⑰
 
アンティーク クロモス クロモカード⑱
 
アンティーク クロモス クロモカード⑲
 
アンティーク クロモス クロモカード⑳
 
アンティーク クロモス クロモカード㉑
 


⑤19世紀の切手大広告
 
19
世紀に多くの企業が、自社の宣伝のために、切手大の広告を作った。
 
印刷も今のものと違い、深みのある色彩だ。
 

20180818_111534_4  
19世紀 切手大広告 ORIGINAL WECK 
 
19世紀 切手大広告 Weisser Rabe und Solz des Hauses
 
19世紀 切手大広告 Timners Essig  
 
19世紀 切手大広告 Junge Liebe!
 
19世紀 切手大広告 Cherry Brandy
 
19世紀 切手大広告 ORIGINAL WECK2
 
19世紀 切手大広告 Kaiser's Brust Caramellen
 
 
 
⑥手作りのかき氷鉢
 
かき氷鉢4
点だ!
 
昭和初期に造られた、かき氷を入れる器4点。
 
2
点はふちが淡い赤色、もう2点はふちが薄い青色。
 
手作業で造られたものなので、個々に歪みはあるが、ぼくはそれが「味」があって面白いと思って買ったものだ。
 
手作りなので、クレームをつけたいところがあるかもしれないが、それを承知でお求め願いたい。
 

Iceb03  

Iceb04 
 
かき氷鉢 手作り 青
 
かき氷鉢 手作り 赤

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 4日 (土)

次回「文ちゃんと語る会」のお知らせ

次回「文ちゃんと語る会」は9月29日(土)開催
 
日時・9月29日(土) 11時~13時
場所・下北沢南口から4分、カフエ「織部」
住所・〒155−0031 世田谷区北沢2—2—3
電話・03—5432—9068
会費・コーヒー代のみ
 
初めての方・女性・話を聞きに来るだけの方、
どなたさまも歓迎です。ぜひ、お気軽にお出かけください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年7月 9日 (月)

次回「文ちゃんと語る会」のお知らせ

次回「文ちゃんと語る会」は7月28日(土)開催
 
Img_path1_549ccffd77f491
 
 
日時・7月28日(土) 11時~13時
場所・下北沢南口から4分、カフエ「織部」
住所・〒155−0031 世田谷区北沢2—2—3
電話・03—5432—9068
会費・コーヒー代のみ
 
初めての方・女性・話を聞きに来るだけの方、
どなたさまも歓迎です。ぜひ、お気軽にお出かけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 2日 (土)

告知

次回「文ちゃんと語る会」は6月30日(土)開催
 
Photo
 
★復活開催
 
日時・6月30日(土) 11時~13時
場所・下北沢南口から4分、カフエ「織部」
住所・〒155−0031 世田谷区北沢2—2—3
電話・03—5432—9068
会費・コーヒー代のみ
 
初めての方・女性・話を聞きに来るだけの方、
どなたさまも歓迎です。ぜひ、お気軽にお出かけください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年3月30日 (金)

次回「文ちゃんと語る会」のお知らせ

次回「文ちゃんと語る会」は4月21日(土)開催です。
 
日時・4月21日(土) 11時~13時
場所・下北沢南口から4分、カフエ「織部」
住所・〒155−0031 世田谷区北沢2—2—3
電話・03—5432—9068
会費・コーヒー代のみ
 
初めての方・女性・話を聞きに来るだけの方、
どなたさまも歓迎です。ぜひ、お気軽にお出かけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月22日 (木)

ヤフオクにて伊藤文学所蔵コレクション2点出品中!

現在Yahoo!オークションで、下記の伊藤文学所蔵品を出品中です。
 
興味がある方は、ぜひこの機会にご検討下さい。
 

 
『ルイ・イカールの生涯』|限定5000部発行の画集(3807番)
 
A   
  • 出版社: アール・グレイ出版株式会社刊
  • 発行:  1989年11月20日
  • ページ: 558ページ
  • サイズ: 31cm×23cm(箱入り)
  • 定価:  10万3千円(本体価格10万円)
 
イカールの作品との出会いは、渋谷のパルコの先の雑居ビル地下に西洋骨董店があって、なんと床の上に投げ出すように置いてあったそれを買ったときだ。
 
そのときからイカール作品のコレクションが始まった。
 
イカールの作品を最初に日本に持ち込んだのは、美術商ではなく西洋骨董店だったのだ。
 
 
 
パリの美女たちを描いた作品を愛したのは、パリに憧れているアメリカ人だった。
 
イカールはパリの人ではなく、アメリカ人に人気で、作品の多くがアメリカに渡った。
 
 
 
日本ではイカールを西洋骨董の雑誌で紹介し、新潟弥彦村に「弥彦の丘美術館」をオープンさせてイカールの絵を展示、有名にした。
 
この画集に多くの絵を提供したのもぼくだ。
 
もう二度とこのような豪華な画集は作れまい。
 
この画集を手にした人は、イカールの絵のとりこになるにちがいない。
 
C
 
D
 
E
 
 
ヤフオク出品中ページ↓↓↓
 

 
アンティークのクロモリトグラフ・アルバム
 
C_2   
世界で1冊しか残っていない、アンティークのアルバムだ。
 
アルバムの価値は製作者の美意識の高さで決まってくる。
 
小学生のような低い年齢では作れまい。もう少し上の女性が、コレクションを時間をかけてアルバムに貼り、楽しんでいたのだろう。
 
J
 
I
 
H
 
G
 
F
 
E_2
 
D_2
 
 
 
1点だけ1815年と年号が入っていて、203年も前のものかもしれない。
 
人物や動物など、さまざまなものをどうやって集めたのか。
 
 
 
印刷物の裏面から圧力をかけて押しているので、立体的になっている。
 
おそらく印刷技術の進んだドイツでつくられたものだろう。
 
紙というはかないもので作られているにもかかわらず、2度の大戦を生き延びてきたアルバムを眺めていると、胸がいっぱいになる。
 
スピードよりも質が重んじられた古き良き時代。「小さきもの」ながら大きな意味をもつ貴重な品で、めったに見ることができないものだ。
 
 
ヤフオク出品中ページ↓↓↓

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年2月18日 (日)

『文ちゃん86歳の誕生日を祝う会』開催します!

文ちゃん86歳の誕生日を祝う会
 
  • 日時:3月24日(土)午前11時から午後1時まで
  • 会費:¥1000
  • 場所:織部下北沢店
 
◎ 持ち込み大歓迎♪
 
 
★お手数ですが3月22日(木)までに、電話で出欠をお知らせ下さい。
 
電話ではその他、相談事も承ります。
 
ご遠慮なく下記の番号へ!
 
電話:03−3413−9411(夜7〜9時まで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月21日 (日)

『そして“カワイイ”が生まれた~内藤ルネ 光と影~』出演情報

NHK名古屋局・取材の放送日が決まりました。

 
『そして“カワイイ”が生まれた~内藤ルネ 光と影~』
 
1月26日(金)19:56〜20:39
 
観れる地域は、愛知県・岐阜県・三重県・福井県・石川県。
 
再放送は、27日(土)10:05〜10:48
 
富山県も観れるそうです。
 
ぼくのおしゃべりは少しだと思いますが、ぜひ、観てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 1日 (金)

次回「文ちゃんと語る会」、テーマは「美輪明宏さんと森茉莉さんを語る」

次回「文ちゃんと語る会」は12月16日(土)開催です。
美輪明宏さんと森茉莉さんについて語ります。
 
日時・12月16日(土) 11時~13時
場所・下北沢南口から4分、カフエ「織部」
住所・〒155−0031 世田谷区北沢2—2—3
電話・03—5432—9068
会費・コーヒー代のみ
 
初めての方・女性・話を聞きに来るだけの方、
どなたさまも歓迎です。ぜひ、お気軽にお出かけください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧